レイクの歴史

私たちが生活をする上でお金は必要なものであり、そのお金を得るために仕事をして対価として報酬を得ているわけです。

職種によっては毎月収入がぜんぜん違う人もいるかもしれませんが、勤めている人は大抵の場合は同じくらいの月給になるのでその中から生活費に充てており、収入と支出のバランスが合うように調整していると思います。

しかし、お付き合いなどで急な出費が発生することもあるのでその際に貯金があればそこからカバーすることができるのですが、充分にお金を貯めることができてない場合は金融機関から借りる以外選択肢が無くなります。

急な借り入れにも対応してくれる金融機関として知名度が高いのがレイクですが、以前は大手消費者金融として個人向けのカードローンサービスが好調でした。

今は新生銀行と合体して消費者金融から銀行になったわけですが、合体した後もカードローンレイクとして名前が残り続けており、カードローンの名前として使用されるあたりにレイクの知名度の高さが見えてきます。

名前だけ聞くとコマーシャルでお馴染みの消費者金融レイクが今でも連想されますが、銀行になっているので総量規制の影響を受けることや収入証明書の提出などの制約も受けません。

また、銀行にはなったものの消費者金融時代に培ったノウハウについては積極的に活かしているので銀行のメリットにプラスして消費者金融の良いところが加わっているので他の金融機関が提供しているカードローンよりも魅力溢れるローンになっています。