レイクの金利

銀行でも消費者金融でもお金を借りる場合は借りた金額に対して一定の金利が付加されることになるので、これをきちんと返済の時にプラスして返済しなければなりませんが、金利の過去から現在にかけての変動は大きく昔の金利はカードローンだと50%を超えるような時代がありました。

しかし、今は金利が50%を超えるようなところはなく概ね100万円までの借り入れであれば20%より下で15%前後だと低い金利になると思いますが、これは利息制限法と呼ばれる法律が適用されたことによって20%以上の金利で貸すことができなくなったからです。

レイクは新生銀行のカードローンサービスの名称ですが、金利は4.5%から18%ほどで設定されており、カードローンとしての金利を見ると標準くらいではありますが、無金利キャンペーンというキャンペーンを利用することによって一定の期間中は金利を支払うことなくお金を借りることができるサービスもあります。

カードローンの金利だけで見るとレイクより低く設定されているところはありますが、無金利キャンペーンのメリットが高く、なおかつ銀行からお金を借りるということで安心感や信頼感という点では優れています。

カードローンレイクを利用する場合は事前に審査を受ける必要がありますが、その前に返済シミュレーションを利用して借りたお金に対してどれくらいの金利が発生するのかということを把握しておくと借りたお金を完済するまでの道筋も見えてくると思います。